ご参拝方法




デジタル上に存在しているとはいえ、神仏様が坐します御神域、ということには変わりがありません。


紫美龍王大神様を奉る社(やしろ)となります。


ご参拝時は、実際の御神域に足を運んで頂いた時と同様に皆様の出来うる限り、礼儀を尽くした御参りを心掛けて戴けますようお願い申し上げます。



その一、御神域に入る前の御挨拶


鳥居の前で立ち止まり、一礼。


その際に心の中で、失礼します、と一言添えて頂き映像に合わせて左足からお入り頂く意識でお進み下さい。


これより丁寧に御挨拶される場合は、鳥居へ一礼後に鳥居の祓いをお唱えし、同じく映像に合わせて左足からお入り頂く意識でお進み下さい。


【鳥居の祓い】


神のます 鳥居にいれば この身より 日月の宮と 安らげくす

(かみのます とりいにいれば このみより ひつきのみやと やすらげくす)


とお唱えください。



その二、手水場


先に進むと、手水場がございます。


手水場で映像が流れている間、周囲にある水で清めて頂きます。


・洗面所・キッチン等

・屋内、屋外限らず近くに水場が無い場合は、ペットボトルのお水


にて、通常の手水場で清められる際と同じ手順を御自宅、仕事場、その他にも手や口を清められる場所で行なって頂けますと、神仏様の財産である氣を穢す事無く、穢れを祓った状態で


より丁寧に礼儀を尽くしてご参拝頂くことが可能となります。



その三、神仏様の坐します御本殿へ


お賽銭を入れ、神仏様に自身が来たことを伝えるため、鈴を3回鳴らします。すると、神仏様が降りて来て下さいます。


二礼二拍手一礼をした後、般若心経を奇数回(3〜5回)お唱え頂くようになりますがここではお願い事や祈願を行なうことは避けあくまでも御神域に足を踏み入れたことに対しての御挨拶や、日頃の感謝のお氣持ちをお伝え下さい。


お唱えが終わりましたら、御本殿に坐します神仏様へ一礼。


最後の一礼を以て、ご参拝は終了となります。





祈願とは

御神域、御霊域に坐す神仏様に向けて

・大願成就

・学業成就

・家内安全

・病気平癒

・出産安産

等、物事が無事に運ぶように皆様が個々人でお願いすることを指します。



※ご祈願は、ご参拝を最後まで終えられた方のみお申し込み頂けます。


ご参拝の後、ご祈祷・祈願・人形供養のセクションよりお申し込み下さい。


※ご参拝中に個人でお願い事(祈願)をされた場合にも、ご祈祷・祈願・人形供養のセクションより今一度お申し込み下さい。


※一度のご参拝につき、祈願はお一つまでとなります。


※ご参拝をされていない場合、祈願のみをお申し込み頂きましても本来の効能は得られません。