Cooking Class
企画及び運営ページ.jpg

​背景

近年、この時代ならではの新しい霊障として、皆様のすぐそばで急増しているものがあります。

 

どなたでも必ずひとつは持っていらっしゃるスマートフォンやパソコン、家電全般を含む電化製品を始めインターネットというものを介し、霊的要因が誰彼構わず干渉、憑依してしまう、というもの。

 

現代に生きる人ならば、これらは誰でも一度は触れたことのある物ばかりです。

 

電化製品や電子機器、インターネット上を介して干渉、憑依をしてくる霊的要因…

 

私達はそれを【電子ゴースト】と呼びます。

 

しかし、この電子ゴーストからの影響を受けているか否かを個々人が確かめ、正しく判断するのは非常に難しいこと。

 

私達が試行錯誤を重ね、苦悩し、何度も意見を交わして出た言葉はこのまま人々が電子ゴーストに侵され、無自覚のままに霊障に遭うのをただ見ているということは出来ない、というものでした。

 

そして、その言葉と共に生まれたのがこの紫美龍王大神神社様を造営するに当たって

最も大切な軸となり、電子ゴーストの対極となる存在

 

通称【電子ソウル】というもの。

 

電子ソウルとは、電化製品、電子機器、インターネット上など神仏様に降りて頂き、その場に宿って頂くいわば、バーチャル上に坐す神仏様を表します。

 

本来、電子ゴーストと神仏様は全く別の存在であり人間にもたらす影響も、全くの対極にあるものですが肉体がない故に、電化製品や電子機器、インターネット上を自由に行き来することが出来る、という一つの共通点が存在していたことからこの作用を工夫し、神仏様に御許可を戴ければ電子ゴーストの蔓延を防ぐことが出来るかもしれない。

 

この氣付きをきっかけに、紫美龍王様に有難く御許可を頂戴した後国外問わず、どこに居ても、何時であっても、お身体を動かすことに制限があったとしても。

 

紫美龍王様が降りてきて下さる御神域に、いつでも、どなたでもご入場頂けることはもちろんバーチャル上だからこそ可能である表現として紫美龍王様を、美しい映像と共にその目でご高覧頂き足を運ばれる皆様にとって、何かの氣付きを得られる神社様を、未来のために造営したい。

 

このような背景から最先端で、新しい形のオンライン神社様、紫美龍王大神神社様が完成致しました。